電撃 - 電撃MTG - 電撃オンライン (マジック2015-デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ ために)

電撃 - 電撃MTG - 電撃オンライン

Date: 2017-05-22 13:12

More video about «マジック2015-デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ ために»

父の死から7年が経ち、森の中で逞しい青年に成長したガラクはベイロスたちを率いてかつて彼の家であった農場へと向かう。父を殺した執行官への復讐のために。しかし、執行官は彼の父がまだ生きていると告げる。彼は父の教えを思い出し、不審に思いながらも地下牢へついていく。そこには胸に剣が刺さったままの父の亡骸があった。執行官はガラクを地下牢内へ突き飛ばし、召喚したクリーチャーたちは助けに来られまいと嘲笑う。しかし、ガラクはそこに 尊大なワーム/Arrogant Wurm を召喚し、復讐を果たして去っていった。その戦利品として、父の形見であるアーティファクトと執行官の兜を手にして。

MicroProse版マジック:ザ・ギャザリング - MTG Wiki

 ゲームの開始時や切り直すよう指示されたとき、デッキを無作為化しなければならない。無作為化とは、どのプレイヤーにもデッキの中の並びやカードの位置がまったく分からない状態にすることである。ディール・シャッフル(Pile Shuffle、俗に○山切りとも呼ばれる)は、それだけでは充分な無作為化とは認められず、カードを数える目的でゲームの開始時に6回行うことしか認められない。

『基本セット2015』みんなが選ぶトップ3!|マジック:ザ・ギャザリング

 プレイヤーは、どれだけ状況が込み入っていようとも、時間を守ってターンを進めなければならず、イベントごとに定められた時間制限を守らねばならない。プレイヤーは、告知された時間内にマッチを終わらせられるペースを守る義務がある。時間稼ぎは許されない。プレイヤーはジャッジに、そのゲームが遅いプレイでないか見るように頼んでもよい。その種の要求は、イベントの状況によっては受け入れられない場合がある。

無料映画動画youtube - e

 能力を使いこなすには緑単色気味の構成、つまり相当数の《森》を入れなければならないが、2つ目のアンタップの対象が揃えばプレインズウォーカーを差し引き1マナで唱えることができる。さらに、次ターンからは一気に9マナ以上へとジャンプできるので、どんな重たいカードでもマナに困ることは考えられない。正直、 何らかのエルドラージ がゼンディカーブロックから再録されていればよかったのにとすら思えるレベルだ。また、手札を使い切ってしまったり、土地が余っている場合にも戦場に戦力を簡単に追加できるのが素晴らしい。たまに勘違いされている人もいるのであえて書いておくが、自分のターンが来る前からコントロールしている土地をクリーチャー化させた場合には、そのターン中に攻撃することも可能だ。奥義については、すでに先の[+6]で十分強力なので言及しないけれど、ぜひともこのカードには活躍してもらいたい。

 だいたいそこまで長引くことはないかもしれないが、奥義もきっと気持ちいいこと間違いなし。《倍増の季節》からの奥義発動は脳汁溢れまくりだ。下手に速攻を持ってないところがまた可愛さを残している。ぜひ奥義発動の後に《神の怒り》を受けてひざからガクッといってみたいもんだ。

有志によって製作されたオンライン プラスの発展版で、多色カードも含め多数のカード(~ アラーラの断片ブロック まで)が追加されている。 また、多くのバグが修正されている。 α版では、新規カードの多くになんらかの欠陥があり、正常にプレイできない(使おうとすると強制終了する)カードもいくつか存在する (カードの反映(効果、コストなど)が不十分なものや、問題が確認されているカードには、カード名の後ろに*マークが付いている)。

現行OSでも起動できるようになったが極めて不安定であり、環境によって一部のカードが使えない、逆にエラーが出るカードは使えるようになる、などの現象も発生する。 また、コンピューターのスペックに関係なく強制終了も多発するので、こまめにプレイデータを保存した方が良い。

 招待選手のみによるイベントでは、参加に必要な条件が追加される。プレミア・イベントの招待リストは、マジック・ザ・ギャザリング・プレミア・イベント招待ポリシーにおいて定義されている。イベント主催者は、予選イベントを充分な数開いてすべてのプレイヤーに参加の機会が与えられるようにする限りにおいて、招待選手のみによる非プレミア・イベントを開催してもよい。

 プレイヤーはマッチの間に記録を取ってもよく、その記録をそのマッチの進行中に参照してもよい。マッチの開始時に、各プレイヤーの記録用紙は空白でなければならず、マッチの間ずっと見える状態でなければならない。プレイヤーはその記録について他のプレイヤーに説明したり公開したりする必要はない。ジャッジはプレイヤーの記録を提示させたり、その記録について説明を求めたりすることができる。

「野性語り/Wildspeaker」という名の由来もまた語られていないが、彼自身が己の名を告げる際はこの呼び名を好んで使っている。 ローウィン に収録された プレインズウォーカー・カード はすべて正式名称(フルネーム)で統一されている( 参考、最下段 )ことを踏まえると、もしかすると「ガラク・ワイルドスピーカー」が彼の本名なのかもしれない。